Windows タスクバーが出ない場合のバッチファイル

Windows 10 (Windows 7/8 も同様) において、「タスクバーを自動的に隠す」と云う設定にした場合、前面に全画面のウィンドウがあったりすると、タスクバーを呼び出せなくなる場合がある。


これを回避するためには、手動で「explorer.exe」と云うプロセスを再起動すればよい。

[Ctrl] + [Alt] + [Delete] で“タスクマネージャー”を起動、プロセス一覧で“エクスプローラ”を探して「再起動」すれば、タスクバーは初期化され正常に動作するようになる。


しかしながら、頻繁に現象が発生する場合もあり、以下のようなバッチファイルをデスクトップに作成しておけば、簡単に「explorer.exe」を再起動することができる。

例:explorer-reboot.bat

taskkill /im explorer.exe /f
start explorer.exe

前に、Windows 10 タスクバーが自動で隠れなくなった場合の対処方法 と云う記事を書き、その中でエクスプローラを再起動するフリーソフトを紹介したが、今回はバッチファイルを紹介することにした。バッチファイルのほうが動作が速い。
最終更新日: