トラムセットを減らすためにリリカを増量する試み

帯状疱疹後神経痛の定番薬としては、リリカ+トラムセットだと云うことは疑いようの余地はない。しかしながら、トラムセットの副作用である“便秘”は只者ではない。

筆者は、1日にリリカを300mg、トラムセットをMAXの8錠を服用しているので、副作用である“便秘”は当然の如く現れる症状である。坐薬のお世話になることもあり、通常の錠剤の刺激だけではふんずまることも多々あるのである。


これを解消するには、トラムセットを減らす必要がある。どうすればイイだろうか?考えられることは、リリカを増量することである。リリカは1日のMAXは600mgなので、50%増しの450mgにすることで、トラムセットを半減できないか?と云うことである。

現在でも、トラムセットを6錠に抑えることはできるので、リリカを増量すれば何とかなるだろうと、今回挑戦することにしたのだ。

ただ本音を云えば、リリカは後発品がないので、現状の薬を加えた1か月の薬代が7千円を超えてしまい、かなり辛いのである。毎月のことであるため、年間にすれば恐ろしい金額になるのだ。

しかしながら、疼痛と便秘を回避するためには、致し方のないことである。幸い?なことに、好きなお酒を飲むと眠気と疼痛が酷くなるので、今後はお酒は飲まないことになるだろう。つまり、費用的にはお酒が薬に化けると云うことだ。

タバコも5年前にやめて・・・今回はお酒も。嗜好品は筆者から遠ざかってゆくのである。
最終更新日: