銀行から「ウイルスに感染していますよ」インターネットバンキング

本日、某信用金庫から「昨日、インターネットバンキングでログインされた際に、ウイルスを検知しましたので、現在アカウントを凍結しています。」と連絡が来た。

「パスワードとか漏洩する可能性がありますので・・・」とのことである。とりあえず、アカウント破棄の手続きを行って欲しいと云うので、破棄を依頼する書面を送付して貰うことにした。

ただ、ウイルスの誤検知では?と疑いを持っている。ゆうちょも頻繁に利用しているが、特に問題は起きていない。

また、パソコンをフルスキャンしても・・・


案の定、検出されることはなかった。

某信用金庫は、住宅ローンの引き落としのみで使用していた口座であり、先月そのローンも終了したので、休眠口座になっているのが現状である。昨日は、電話番号の変更に伴って、個人情報を書き換えた際にログインしただけ。

口座が凍結されるワケではなく、インターネットバンキングが凍結されただけ。口座は生きているので、キャッシュカードで対応すれば問題はない。

本当に感染していないとは言い切れないが、筆者の推測はこうだ。Chromeの自動ログインを使用していること、様々な拡張機能を併用していること、が何らかの誤検出に繋がったのでは?と。

さて、真実はどこに・・・。

※同日追記:
無料で簡単ウイルスチェック |トレンドマイクロ オンラインスキャン - トレンドマイクロ でもスキャンを実施した。


やはり、脅威は検出されなかった。
最終更新日: