フォントサイズをドメイン単位に変更できるChrome拡張機能 「Font Size」

フォントサイズをドメイン単位に変更できるChrome拡張機能「Font Size」の紹介。

Font Size - Chrome ウェブストア


ドメイン単位に変更したフォントサイズは、Chrome側に記憶されるので、再度同じドメインのサイトを閲覧した際には、変更したフォントサイズが適用される。単位は「px」である。なお、ズームレベルの変更も可能である。この場合、フォント以外の画像などにもサイズ変更が適用される。単位は「%」である。

更に、Chromeのデフォルトフォントサイズとデフォルトズームレベルの変更も可能である。Chromeの設定から行える変更が「ココ」で行える。頻繁に変更する設定ではないので、不要と云えば不要と思える機能である。

サイトによっては、フォントが非常に小さく見辛い場合が多々ある。Chrome既定のズームレベルの変更では全体が拡大されサイトの体裁が崩れる場合があるので、紹介した拡張機能の“ドメイン単位にフォントサイズが変更できる機能”は有用である。
最終更新日: